洗濯物の簡単な片付け

スポンサードリンク

部屋が洗濯物で溢れている光景は、珍しくありません。
片付けでお伺いすると、多くのお宅がそうだったりします。
畳が見えるのは、まだいいほうです。

片付けられない女性に、手間のかかる面倒な事を任せてはいけません。
ADDの方でも洗濯物の片付けができるようになるためには、洗濯物の片付けも究極の手抜きシステムの構築が必要です。

たたんで収納する・・・このとき問題は、たたむと言う面倒なアクションが一つ多いことです。

何の為に洗濯物をたたむの?
上手に収納し、使いやすくする為でしょうか。究極の手抜きは、この『上手に収納』です。

片づけられない人は、洗濯物を取り込み、どこに置くでしょう?
まずは、ベッドの上,椅子の上,そして床。
それがそのまま放置され...これが多いパターンでしょう。

では、そこに置かなければ...
ハンガーのまま空間に掛けておく。
着る時はそこから外して着る。

でも、そんな空間はない...
それならば洗濯物を取り込む部屋の第一歩の位置に、洗濯籠または収納引き出しを置く。
そこに、しわになってもいい物を外して落とす。
アクションとしては、外す一つです。
落ちるは、洗濯物が自らやってくれます。

とあるお宅は、洗濯物の片づけで、毎日1時間を要すそうです。
奥様も仕事をしておられますので、そんな時間を毎日割くのは無理があります。
生活導線の邪魔にならない部屋の隅に、物干し竿をセッティング。
その下に、家族の人数分の籠をセット。
外から取り込んだ洗濯物は、ハンガー等のままそこに吊るしておきます。
ほんの数分でしょう。
手が空いた時に、ハンガーから外して籠に落とす。
これも数分です。

これは一つの例です。
勿論それぞれ家の事情も違います。
そのお宅にマッチした洗濯物の収納システムが必要です。

どうしたら楽に収納できるかを常に考えていれば、自ずと答えが出てくるものですが、面倒くさがり屋さんは、そのことを考えること自体が、とっても面倒なのですよね;;;