使う物、使わない物、使える物

スポンサードリンク

本格的に「片付けしよう!」というときには、まず棚卸しをして物たちを並べ、要不要の判断をしていきます。
この要不要の判断が、片づけられない人の天敵です。

要不要は、使う・使わないで決めていけば良いわけですが、ここに厄介者が登場します。

 「使える物」です。

使わない、けど、使える物・・・
これが本当に曲者です。

使わないものをすぐ処分できる人は、こんなことを言うかもしれません。
「それは、物への執着だ」と。。。

でも、そんな単純に一言で割り切れるものではないようです。
執着というよりも、その人なりの物への愛情や優しさだったりしますから。

捨てられなければ、それを取っておくために上手に整理収納しましょう。

 「想い出箱」にいれて、大切に。。。

もう一つ、捨てないことの効能が、実はあるのです。
それは、

  『抑止力』

 「このストーブ使いませんよね?」
 「このミシン使ってませんよね?」
 「この本読んでませんよね?」

片付けれらない人も、自分が何を使って何を使っていないかは認識できています。

でも、、、
 「これがないとまた買ってしまいます。」
 「これがあれば、買わなくて済みます。」
そうなのです。
使うという機能ではなく、あればいいのです。
あれば買わなくていい。

そう・・・あるという事が『抑止力』になっているのです。

使わないけど保管する意味もあるのですね。