片付けは一人でしない

スポンサードリンク
ADD(注意欠陥障害)本の一節。

「私に相談に来られる方々は、自分でいろいろな努力をした.
 いろんな本も読んだ.
 家族にも手伝ってもらった.
 そして、業者さんに片付けもしてもらった.
 それでも何日か経つと元通りになってしまった。」

ADDの方では、どんなに努力しても、努力の力では片付けらないことがあるのかもしれません。
そして、努力すればするほど自分のこころが傷ついて・・・
頑張り方が誤っていたり、努力の仕方に問題がある場合も・・・

まずは、人に手伝ってもらったり、横についてコーチしてもらったりの可能性も考えてみましょう。
また、ADDでない人と同じ方法で片付けようとう強迫観念も捨てる必要があります。

ただ単に「もっと努力する」というだけでは意味がないし、これまでさんざん挫折してきたというのに、また新しい片付け法に飛びついてもいけません。
もっとも望ましい最初の一歩。それは、

片付けができな人と一緒の目線で一緒になって作業してくれる人と、一緒に作業することでしょう。

自分を受容してくれる人がこの世にひとりでもいるということを知るだけで、ふっと力が抜けることもあるでしょう。