捨てなければ片づかない?

スポンサードリンク

片付けの苦手な人に立ちはだかる最大の障壁・・・『捨てられない』

捨てられないことが原因で、片付けができないと、思い込んでいませんか?

実は・・・片付けできるのです。
捨てられなくても。。。

【快適生活を実現する整理整頓】
(1)物の住所が決まっていて、どこに何を置くか迷わない
(2)いつも使う物が、それを使う部屋の一等地にあり、出し入れしやすい
(3)常時使わない物は二等地にあるが、分類されているのですぐに探し出せる
(4)不要な物が生活の邪魔をしない
(5)物が増えても対処できる

それらを実現するテクニックとして、
 ・立てて収納
 ・見える収納
 ・ワンアクションで収納
 ・使用頻度、アイテム毎にまとめて収納
 ・床や机に物を置かない
 ・空きスペースの確保
など、があります。

要は考え方ですが、整理整頓が実現できれば、物を捨てる捨てないは、最優先ではありません。
捨てられない物達が生活の邪魔をしないのであれば・・・。

このようなケースでは、「捨てる捨てないの判断」の優先順位は、低くしてみましょう。
悩んで先に進めなくなるくらいなら、後回しです。

優先順の高いことをしましょう。
まずは、快適生活を実現する為の作業。
残すと決まった物達の整理収納です。

あるべき物が、あるべき形で、その場所にある
(あってはならない物がその場所にない)

整理整頓の目標です。

捨てられない物は、整理整頓の邪魔さえしなければ、捨てなくても良いし、捨てても良い。
だから、そのような些細なことを最優先に悩む必要はありません。

「捨てる」ことにこだわりすぎて、片付けられなくなっていませんか?

もし、捨てる捨てないの判断に迷って、片付けが先に進まないのなら、後回しにしてみましょう。
大きな段ポールに、迷った物達を、ポイポイッと入れていきましょう。
その段ボールは、生活の邪魔にならない場所に、山積みでいいです。(その場所さえない場合は、※追記へ・・・)
そもそも捨てる捨てないの判断に迷う物は、重要な物ではないのですから、それらの片付けに多くの労力を払うのはもったいないです。
ましてや、それが原因で片付けが進まなくなってしまうのは、本末転倒です。

迷うのなら、悩むのなら、捨てる捨てないに時間をかけるのは後回し・・・

もっと大切なこと = 整理整頓で重要な作業を先に進めることに注力しましょう。

そして先ずは、整理整頓された家で過ごす快適さを、存分に味わってください。
その後に、段ボールの中に投げ入れられた迷い物達をどうするか、ゆっくりと好きなだけ悩めばよいと思います。

快適生活を味わう前と後とでは、捨てる捨てないの判断も変わってくるかもです。
潔い処分、できるかもしれませんよ!


< ※追記 >
ここで問題は・・・
 a. とにかく捨てないと整理整頓の作業スペースがない
 b. とにかく捨てないと生活スペースさえ確保できない
というくらいに、物達で溢れ返っているような場合(極端なケースではゴミ屋敷)でしょう。
このようなケースでの、現実的なアドバイス。

『一人で手に負えなかったら、他の人の助けを借りましょう。』

もしかしたら、
・要不要の判断の仕方や判断基準の決め方が間違っている
・ゴミや不用品の量があまりに多すぎて、手がつけられない
・片付けをしているつもりが、いつの間にか他の事をしている
などなど、
片付け作業以前に、もっと別の問題が潜んでいて、まずそれを取り除く必要があるかもしれません。